動画作成例:浅草〜富士山ガイド


こちらは海外のお客さま向けに英語で作成したビデオです。浅草から日帰りで、富士山の眺望スポットを何ヶ所巡れるかを検証しています。移動シーンが多内容ですが、ナレーションや音楽を多用して飽きずに見られるように工夫しています。

動画制作は使用目的によってスタイルが大きく異なります。お店やイベントで流す場合など、観覧者が想定できている動画では落ち着いたテンポで情報を伝えることを重視します。一方でSNSや動画サイトなど、不特定多数に多く見られることを目的とする場合はインパクトを重視し、短めの動画が好まれています。

動画制作でできること

・字幕やタイトルを入れる

動画に情報を追加したり、聞き取り辛い音声を書き起こしたりします。スマートフォンなど小さな画面で見ることが多くなっているので、以前よりも大きな文字が好まれています。

ナレーションや音楽を入れる

字幕の代わりにナレーションを後から重ねたり、音楽のリズムに合わせて画面を切り替えることができます。テンポのよい動画を作成することができます。

イラストアニメーションを挿入する

字幕やナレーションだけでは伝わりにくい情報も、絵や動くグラフィックを使えば一目瞭然です。動画のアクセントとしても効果的ですが、作成には時間がかかります。

写真を挿入する

デジカメやスマホで撮影した写真を、動画の合間に挿入することができます。レタッチ・修正済みの写真が挿入できますので、動画部分よりも高精細な表現が可能です。

そのほかにも、SNSや動画サイトで使いやすいように短い予告編を作成したり、作成した動画をホームページに埋め込んだり、上映設備にあわせて動画サイズ(容量)を調節したりできます。一般的に、撮影そのものよりも編集作業のほうが時間がかかるため、先に動画の完成イメージを具体的に描けているほど、短い時間で制作することができます。